フリーター女は寂しさと不安感から出会い系サイトで男を探している

フリーターの女は寂しさと不安感から出会い系サイトで体の関係になりやすい

恋人がいてもフリーターの女性は一人では寂しさを埋められないと思い、

 

体の関係を自ら求めてしまう傾向にもあります。

 

フリーターの女は寂しさと不安感から出会い系サイトで体の関係になりやすい画像

 

なかなか未来が補償されていないような状態にいる女性というのは

 

日頃からこのままで良いのだろうか、このまま一人で生きていくのだろうか

 

というような不安感を抱きやすいと言われています。

 

 

その不安な気持ちをごまかすように、異性に頼ってしまうこともあり、

 

出会い系に登録しやすいと言えます。

 

 

また、

 

出会い系で知り合った男性には満足してもらいたい、

 

気に入られたいというような願望が強いため、

 

求められることに応じやすい、つまり体の関係を求められて、

 

特別な人だというような錯覚を覚えてしまい、不安感を癒すように体を許してしまう傾向にあります。

 

実際の体験談を見てみましょう。

 

ランキングTOP:ヤリモクアプリ・サイトランキング【俺の鉄板】

 

 

彼氏2人でも寂しさを感じている?即日出会えたフリーター

  • 利用した出会い系…ハッピーメール(18禁)
  • 出会った女性…20代で細身。昼の仕事をしてるフリーター
  • 出会うまでの日数…メッセージで即日

 

掲示板にさみしそうな一言を記載しているのを発見。

 

まだ書いてからの時間が短そうであったため、挨拶をしてみる。

 

すぐに返答があった。

 

時間は平日の夕方、相手は近隣県在住。

 

まあまあのご近所さんだった。

 

 

簡単な自己紹介後、「今から会いにいくよ」と伝えるも、

 

相手は冗談だと思っている様子。

 

本当であることを告げ、直の連絡先交換をする。

 

とりあえず話してみようと電話をすることの許可を得る。

 

電話にでた相手は少し声が低め(着飾ってない地声)であった。

 

本気だから会いに行くと片道3時間かけて会いに行く

 

時間は夜の9時を過ぎていた。

 

 

待ち合わせにいたのは少しギャルっぽい細身の女。

 

「本当に来たんやね、どこ行く?近所に居酒屋ないから、ホテルで飲む?」と言われ勝ち確定。

 

ホテルに入り、

 

二人ともが向かい合うようにソファーに腰掛け乾杯。

 

ひたすら相手の話を聞く。

 

その女は彼氏はいるみたい。2人。

 

未婚で本命と彼氏らしい。本命が忙しいらしく、さみしいからだとのこと。

 

痛いのかさみしいだけなのか、今はそんなことどうでもいい。

 

ふと時計を見ると深夜12時を回っている。このままだらだら話をしても埒が開かない。

 

 

俺の中のヤル気スイッチを入れた。

 

「そろそろ横になりますか」

 

と伝えるも

 

「まだ眠たくないよ」と。

 

これはNOって意味かな?と思いつつ、

 

まあ朝になるまでまだ時間はあると思いまだお互いソファーで他愛もない話を続ける。

 

時間は無情にも進む。深夜3時過ぎ。

 

このまま朝日を浴びるとテンション下がる。再度誘惑。

 

 

「ちょっと横になる?」

 

「そうやね、もうこんな時間やね」

 

と応じる女。もうここまで来たら大丈夫やろ。

 

近づいていくと体を丸める女。

 

「私、甘え方とかわからんのよ」

 

というため、頭をなでてから脱がし始める。

 

抵抗どころか、自発的に脱ぐことに協力してくれる。

 

ここらは場数踏んでるんだなと関心。

 

基本的にそれ以外はまぐろ状態。ゆっっくり丁寧に対応しました。

 

声はあまり出さず、おとなしい印象でした。

 

事が終わり、少しして帰ることになった。

 

 

帰り道、その女からのメール

 

「こんなに優しく抱かれたのははじめてでした」

 

と。かわいいやつだなと思い、帰宅後爆睡。

 

以後、お互い連絡せず。

 

数日後、またサイトを閲覧してると見た覚えのあるあの女がいた。

 

さみしいと書いてました。本命、彼氏が相手をしてくれなかったんでしょうか。

 

関連:【体験談】地方女子と2ナイトラブ!ヤリモク?寂しがり屋?

 

ハッピーメール

【18禁】ハッピーメールを試してみる≫

 

ランキングTOP:ヤリモクアプリ・サイトランキング【俺の鉄板】

トップへ戻る